厄から護る 源氏雛–東之華のお雛様–

 

Polish_20220125_094019148

「伝統」と「モダン」、「和」と「洋」が融合した独創的な世界観が東之華のお雛様の魅力です。

こちらの上品に輝くお雛様も、伝統の文様、意匠を組み合わせながらも、その作り、色彩には女流人形作家東之華ならではの感性が込められています。

桜は日本を代表する花として長く人々から愛されてきた存在です。
平安時代の初めの頃より帝の左右に右近の橘とともに近侍したのが左近の桜で、こちらは雛飾りとしても定番の飾りとなっています。
春を象徴する花としてお雛様の意匠としてもよく目にしますが、この布地のように色彩豊かに咲き誇る様は、どこか幻想的な美を感じます。

檜垣紋は整然とした見た目から大人びた美しさで人気の文様です。
ヒノキは「日の木」、最も尊い木だというのが由来とされるほど特別視された木で、伊勢神宮や東大寺などの寺社の建立には必ず用いられるそうです。
このヒノキを用いた檜垣は寺社を象徴するもので、それをかたどった檜垣紋は守護や厄除などの意味合いを持つといわれています。

袖口や裾に覗く禁止の柔らかな曲線は波を思わせます。永遠や不滅、また、流水と同じように厄除などを象徴します、

袖口や裾に覗く金糸の柔らかな曲線は波を思わせます。永遠や不滅、また、流水と同じように厄除などを象徴します。

檜垣紋を所々に配することで、お雛様と上品さと禁止の華やかさをうまく調和させています。

檜垣紋を所々に配することで、お雛様の上品さと金糸の華やかさをうまく調和させています。

お姫様とお殿様で色違いの衣装を身に着けています。源氏雛特有のお二人の間のやさしい雰囲気がより感じられるようです。

お姫様とお殿様で色違いの衣装を身に着けています。源氏雛特有のお二人の間のやさしい雰囲気がより感じられるようです。

お雛様の主な役割の一つに、お嬢様の代わりに厄を受け、護るというものがあります。
こちらのお雛様にはそのような意味合いが、ことのほか込められていると言えるかもしれません。
他にも様々なお雛様がお待ちしております。
ぜひ一度、ご来店くださいませ。

 

☆おひなさまのセミオーダーシステム☆

人形巧房ひなやでは、東之華が年中いちから雛人形を製作しております。
なので、お好みの雛人形をお選びいただくことが出来ます!!
また屏風や御道具なども雛人形に合わせ選んでいきますので、
お嬢様だけのオンリーワンの雛人形をプレゼントすることができます!
実際に組み合わせができますので安心ですよ。

〈 シーズン中の営業時間について 〉

1月3日~5月5日まで無休で営業致します。

午前10時~午後5時の営業時間とさせていただきます。

また時間外の来店も対応させていただきます。

その際はご連絡くださいませ。
☎077-563-8900

カテゴリー: ひな人形

カレンダー

2022年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ