後の雛 ―重陽の節句―

Polish_20210907_083758670

本日、9月9日は重陽の節句です。ここ数日は暑くもなく寒くもなく、初秋の心地よい日々が続いています。

先日お伝えしたように、この時期には半年間の厄を取り除いてもらうためにお雛様を再び飾る「 後の雛 」の風習があります。

Polish_20210907_083407646

こちらは菊の襲を身に纏ったこの時期にぴったりのお雛様です。
目にも鮮やかな緑の単に、黄と紫の袿を重ねて菊の雰囲気を表しています。

重陽の節句の日に菊に綿をかぶせ、翌日、朝露を含んだその綿で体をぬぐうことで無病息災を祈ったと言います。
これを「菊の着綿」と呼んでいました。

後の雛も特に決まった期間というものはありませんので、旧暦9月9日、今年は10月14日(大安)の時期まで飾っていただくと、季節通りに秋の雰囲気をお雛様と楽しめるかと思われます。

また、仕舞う際には春の頃と同じように良く晴れてからりとした日が適しています。

皆様も、大切なお雛様と秋の移ろいを共に味わってみませんか。

 

 

【新型コロナウイルス感染予防対策】

・店舗スタッフは、体調確認と検温をしております。
・店舗スタッフは、店内ではマスクを着用しております。
・お客様との距離をあけて、正面にならない位置でご案内いたします。
・店内での人数が規定数に達した場合は、ご入場を制限させていただきます。
・店内にあるものは常時消毒いたします。
・店内は常に窓を開け換気しております。

<感染予防対策について十分に施してまいりますので、お気軽にお越しくださいませ。>

【お客様へのお願い】

・ご入店前の体調確認と検温にご協力をお願いしております。
・体温が37.5度以上ある方のご入店はお断りさせて頂いております。
・店内ではマスク着用をお願いいたします。
・ご気分が優れない場合はお申し出ください。
※マスク未着用の場合はご入店をお断りさせて頂いております。

< 何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。>

カテゴリー: ひな人形

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ