紫の色階の 立雛 –東之華のお雛様–

Polish_20220116_102011138

お雛様それぞれに合わせた美しく、洗練された色遣いが東之華のお雛様の魅力の一つです。

こちらのお雛様はその中でも一際目を引く、鮮やかな紫のグラデーションを活かした 立雛 のスタイルになっています。

紫は古来より世界全体で高貴な色として尊敬を集めていました。
東洋では紫草という植物から、西洋では紫貝という貝から紫の染料を集めていたそうですが、どちらも膨大な量が必要で高貴な人だけが身に着けられる色でした。
そこから、紫は高貴、気品、神秘などを象徴する特別な色とされました。

紫 伝統の色について

清浄、純粋などの象徴とされる流水紋を合わせて春らしい雰囲気を。鶯色の襲も穏やかな心地にさせてくれます。

清浄、純粋などの象徴とされる流水紋を合わせて春らしい雰囲気を。鶯色の襲も穏やかな心地にさせてくれます。

紫と白のグラデーションが、桜の咲き誇る春の情景を豊かにしてくれます。

紫と白のグラデーションが、桜の咲き誇る春の情景を豊かにしてくれます。

立雛 のスタイルは凛とした佇まい、存在感から注目を集めています。
また、布地が全体によく見えるため、源氏雛とはまた違った魅力があります。

立雛 はお雛様の姿としては最も伝統的なものとなりますが、美しく立たせるには高い技術が必要なことから、取り扱っているお店は少ないのが現状です。
東之華の職人としての技術、着付けの知識、経験をもって作られた、凛々しく、そして布地が映える 立雛 をひなやでは取り扱っています。
組み合わせる屏風などによってはとても立派な雛飾りを作ることも出来ます。

当店で、一度、実際に飾りを考えてみませんか。ご来店をお待ちしております。

 

☆おひなさまのセミオーダーシステム☆

人形巧房ひなやでは、東之華が年中いちから雛人形を製作しております。
なので、お好みの雛人形をお選びいただくことが出来ます!!
また屏風や御道具なども雛人形に合わせ選んでいきますので、
お嬢様だけのオンリーワンの雛人形をプレゼントすることができます!
実際に組み合わせができますので安心ですよ。

〈 シーズン中の営業時間について 〉

1月3日~5月5日まで無休で営業致します。

午前10時~午後5時の営業時間とさせていただきます。

また時間外の来店も対応させていただきます。

その際はご連絡くださいませ。☎077-563-8900

カテゴリー: ひな人形

カレンダー

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ