秋分の日

IMG01859_HDR

9月23日は 秋分の日 、二十四節季「秋分」、七十二候「雷乃収声」(かみなりすなわちこえをおさむ)になります。
暑さも寒さも彼岸まで、と言いますが9月頭の涼しさはどこへやら、残暑の感が漂う 秋分の日 となりました。
気温が上がった影響で、富士山の初冠雪が記録上初めて取り消されたとの報道もありました。

今シーズンの「富士山の初冠雪」 異例の見直しに 理由は? (tenki.jp)

彼岸は春分の日と 秋分の日 を中日として前後3日間、それぞれ7日間あります。
この時期にお墓参りをして祖先供養をすることが一般的ですね。

秋のお彼岸の時期には鮮やかな赤が目を惹く彼岸花が咲き誇ります。
別名の曼殊沙華は、仏教の言葉で天上の花を表すそうです。
神秘さ漂う見た目と、「葉見ず花見ず」というように特殊な生態からなるほどと思わざるを得ません。

IMG01867_HDR

また、お彼岸のお供え物として昔から受け継がれてきたものが牡丹餅とお萩です。

IMG00176_HDR

何が牡丹餅で何がお萩か、というのは今でも定説がないそうですが、よく言われることには春の牡丹、秋の萩に合わせて季節で名称を変えるというものです。
この説では、なんと夏と冬にも別の名称があるそうです。
日本人ならではの言葉遊びの心が詰まった名前になっていますので、是非調べてみてください。

このお彼岸は実は日本独特の風習らしく、日本古来の祖霊信仰や太陽信仰と仏教が結びついたもののようです。
春分の日、秋分の日は昼と夜の長さがほぼ等しくなり、一定の軌道を通って太陽が昇ることから、この日に特別な光景が見られる史跡も多くあるそうです。

Polish_20210924_140712416 Polish_20210924_140847808

太陽の赤、曼殊沙華の赤を思わせる鮮やかで力強い衣装です。

この時期から少しずつ秋の気配が漂ってきます。今年の秋はどうなるか、今から楽しみですね。

 

☆ 修理・リメイク承り中!
久しぶりに出したら髪や衣装の乱れが……小道具がどこかに……シミのようなものが……
という点に気づかれる方もこの時期に多くいらっしゃいます。
令和4年の雛祭りに間に合わせたい方は、年内にお持ちください。
ご来店前には必ずお電話を。☎077-563-8900

 

【新型コロナウイルス感染予防対策】

・店舗スタッフは、体調確認と検温をしております。
・店舗スタッフは、店内ではマスクを着用しております。
・お客様との距離をあけて、正面にならない位置でご案内いたします。
・店内での人数が規定数に達した場合は、ご入場を制限させていただきます。
・店内にあるものは常時消毒いたします。
・店内は常に窓を開け換気しております。

<感染予防対策について十分に施してまいりますので、お気軽にお越しくださいませ。>

【お客様へのお願い】

・ご入店前の体調確認と検温にご協力をお願いしております。
・体温が37.5度以上ある方のご入店はお断りさせて頂いております。
・店内ではマスク着用をお願いいたします。
・ご気分が優れない場合はお申し出ください。
※マスク未着用の場合はご入店をお断りさせて頂いております。

< 何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。>

カテゴリー: ひな人形

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ