左近の桜 ・ 右近の橘

人形巧房ひなやです。

ひな人形の両端には花が置いてあると思いますが、この花は

「 左近の桜 ・ 右近の橘 」といいます。

_20220814_130043

【東之華オリジナル 源氏雛】

この花はただの飾りではなく、ちゃんとした意味があります。

桜と橘には、古来から「魔除け」や「邪気払い」の力があり

どちらも健やかに過ごすための象徴とされてきました。

そして、この花は京都御所の紫宸殿や平安神宮に実際にもございます。

DSC_0721

【平安神宮にある 右近の橘 】

ひなやでひな人形をご覧になった後に行かれてはいかがでしょうか。

 

 

 

カテゴリー: ひな人形

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ