紗の衣装の 絆雛 –東之華のお雛様–

Polish_20220214_104420459

「伝統」と「モダン」、「和」と「洋」が融合した東之華独自の世界観、金糸やラメの織りなす美しい色彩が東之華の作品の特徴です。

こちらのお雛様は、伝統の紗に金糸を織り込んだ金紗を生地に用いています。
紗は薄手で清らかな見た目、肌触りから平安時代より用いられてきましたが、形を整えることが難しく、お雛様に着せるには不向きとされてきましたが、
今回、東之華がその経験と知識を用い、業界初!!紗の布地をまとったお雛様を製作しました。
紗の布地は独特の透け感、光沢があるため、他のお雛様とはまた違う色味、雰囲気を楽しんでいただけるかと思われます。

唐草文様は古今東西、世界中で用いられてきた文様で、ツタが生い茂る様子から子孫繁栄や良縁、健康などを象徴するおめでたい文様です。
ともに描かれている牡丹は「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の慣用句で知られているように、
美人の代名詞で「百花の王」とも呼ばれています。

袖には大輪の桜が咲き誇ります。紅白にも春の淡さにも感じられる絶妙な襲の色目が魅力的です。

袖には大輪の桜が咲き誇ります。紅白にも春の淡さにも感じられる絶妙な襲の色目が魅力的です。

袖口から覗くラメ布地の輝きが一層の華やかさをもたらします。金糸との相性もとても良いです。

袖口から覗くラメ布地の輝きが一層の華やかさをもたらします。金糸との相性もとても良いです。

裾が美しく広がるお姫様、立ち姿のお殿様、それぞれの金糸の唐草文様が縦横に広がり、華やかさも一入です。

裾が美しく広がるお姫様、立ち姿のお殿様、それぞれの金糸の唐草文様が縦横に広がり、華やかさも一入です。

絆雛 ならではの文様の映え、紗の布地の透け感、金糸やラメの輝きなどは実際に目にするとまた違って見えます。
是非一度、当店でご覧くださいませ。皆様のお越しをお待ちしております。

 

☆おひなさまのセミオーダーシステム☆

人形巧房ひなやでは、東之華が年中いちから雛人形を製作しております。
なので、お好みの雛人形をお選びいただくことが出来ます!!
また屏風や御道具なども雛人形に合わせ選んでいきますので、
お嬢様だけのオンリーワンの雛人形をプレゼントすることができます!
実際に組み合わせができますので安心ですよ。

〈 シーズン中の営業時間について 〉

1月3日~5月5日まで無休で営業致します。

午前10時~午後5時の営業時間とさせていただきます。

また時間外の来店も対応させていただきます。

その際はご連絡くださいませ。☎077-563-8900

カテゴリー: ひな人形

カレンダー

2022年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ