雛人形 のスタイルについて

雛人形 を選ぶときには、見るところ、考えるところがたくさんあります。

お顔、衣装、小道具、大きさ……来店されるお客様の皆様も、様々な 雛人形 を見比べていらっしゃいます。

今回は、 雛人形 を見るときに一つの大きなポイントになる、 雛人形 のスタイルについて書いていきます。

 

①立雛

IMG00813_HDR(1)

文字通りお姫様とお殿様の二人が立った姿の 雛人形 です。

最も伝統的なスタイルですが、 綺麗に立つように作るのが難しいため、扱っている所は中々ありません。

高さがある分、飾った時の存在感は格別です。

 

②座雛

IMG00542_HDR

お姫様とお殿様の二人が座った姿の 雛人形 です。

雛人形 の中で最も目にする機会が多い、スタイルではないでしょうか。

三宝や菱餅などの御道具をお飾りします。

 

③源氏雛

IMG01563

源氏絵巻の世界に着想を得て、東之華が独自に創り上げたオリジナルのスタイルです。

お姫様の裾の広がりは、十二単の襲の色がとても美しく映えます。

また、お殿様は椅子に腰かけているので、お二人の距離が他のスタイルと比べてとても近く、仲睦まじい雰囲気が心地よいスタイルです。

 

④絆雛

IMG00218

源氏雛を元に、東之華が独自に創り上げたオリジナルのスタイルです。

源氏雛が持つ美しさをそのままに、お殿様を立たせることで雛飾り全体が華やかで存在感のあるものになります。

 

ひなやでは主にこれらのスタイルの 雛人形 を展示しています。

スタイルが違うと、同じような衣装のお雛様でも印象が大きく変わってきます。

IMG01013_HDR IMG00553_HDR

こちらは立雛と源氏雛です。

人形巧房ひなやオリジナルの「重陽雛」 鮮やかな菊の色のかさねは、女流人形作家の東之華ならではimage1

こちらは立雛と座雛です。

スタイルによって、衣装の見え方やお二人の立ち位置なども変わるので、印象がガラリと変わったように感じます。

また、スタイルに合わせて屏風や小道具なども変わってきますので、スタイルを決めるとどのようなお雛様の飾りになるか結構決まってきます。

もしも、選択肢が多すぎて決められない!ということがあれば、まずは 雛人形 のスタイルから決めるといいかもしれませんね。

 

人形巧房ひなやでは様々なスタイルのお雛様が皆様をお待ちしております。

また、どうしてもこの衣装でこのスタイルのお雛様が欲しい!というご要望がありましたら、オーダーメイドで作らせていただきます。

職人 東之華にご相談くださいませ。

当店のお雛様をご覧いただき、お客様の理想のお雛様を一緒に創り上げるお手伝いができればと思っております。

是非、お気軽にお越しくださいませ。

 

〈 シーズン中の営業時間について 〉

1月3日5月5日まで無休で営業致します。

期間中、お客様の混雑を避けるため、

午前9~午後5時の営業時間とさせていただきます。

また午後5時以降の来店も対応させていただきます。

その際は16時までにご予約くださいませ。

 

〈 ネットショップについて 〉

ひなや のネットショップを更新いたしました。

東之華の雛人形が遠方のお客様にもお求めやすくなりました。

ネットショップからのご注文にも対応しております。

また、大きさやお値段なども掲載してありますので、お雛様について考える際の材料にして頂ければと思います。

 

〈 人形巧房ひなやでの感染症対策について 〉

人形巧房ひなやでは感染症対策を徹底して営業しております。
詳しくは下記記事をご覧ください。
人形巧房ひなや での 感染症対策

カテゴリー: ひな人形

カレンダー

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ